トルコリラ投資、週給1,000円超えたから共有しとくよ

この記事は約5分で読めます。

副業がプッシュされている時代にブログで稼ぐとか、Uber eatsやれとか色々言われているけど、

「体力的にきついよなぁ」
「本業に時間が取られて、副業までは・・・」

みたいに副業に取り組みたくても、取り組めない人はたくさんいると思います。

副業に悩む人

「内心焦ってるけど身動きとれない」
そんな人に週給1,000円稼げる副業としてトルコリラ投資を紹介するよ!

週休1,000円のために準備すること・知ること

週給1,000円の元手はいくらか

日本円で約31万円をトルコリラ投資に回していて、18,200通貨(つまり18,200リラ)を買い付けている。

これで、週給1,000円である。

2020/1/20現在

トルコの政策金利がダダ下がりしているため、90万円近くの買付量が必要となってしまいました。

1000円

日給1,000円欲しければ、だいたい150万円が必要という計算になる。

2020/1/20現在

こちらも3倍の450万円ほど必要ということになります。

トルコリラ投資のメリット/デメリット

メリット
  • 完全な不労所得ができる
    :トレードによって生まれる収益ではなく、保有しているだけで生まれる収益である。これこそが不労所得だ。
    なにもしなくても年間52,000円、手取りが増えるのはありがたい。
  • レバレッジがかけられること。
    :リスクをどのくらい許容するかにもよるが、レバレッジを2倍で回すなら、必要資金は半分になる。
デメリット
  • 為替差損
    :為替が変動する以上、損することも得することもある。ただ、おれの場合は「お金を稼ぐツールを買ってるのだ」くらいのマインドでトルコリラにぶち込んでいるので、為替レートの上下に一喜一憂はしてない。

収益性は大きく落ちるが、為替差損リスクは発生させない。という手法も存在する。


  • 通貨危機
    :中東の影響を大きく受ける立地であり、国内の情勢もかなり不安定。国のトップが変わることがあっても、通貨がなくなることはないと思っている。(国が消える瞬間に立ち会ったことがないから想像できない。)

時間はかかっても、複利を活用しながらコツコツ積み上げると、資金は作ることができる。
👉 【資産形成としてのFX】おれの考える複利の旅(資金のまわし方)を共有しとくよ

お小遣いサイト(ポイントサイト)を活用することも視野に入れてほしい。

FX業者はどこが良いか

おれはマネーパートナーズをおすすめする。

SBI、GMO、DMM等々、名の知れた会社はたくさんあるけど、決め手は2つ。

決め手
  1. いつでも、スワップポイントのみの受取りが可能
  2. 取引単位(ロット)が小さい
1. いつでも、スワップポイントのみの受取りが可能

FX業者のスワップポイントの扱いは、主に以下の4パターンに分類される。

  • 毎日、自動受け取りでスワップポイント口座残高に反映される(課税対象) 。
  • 受取りタイミングは任意。受け取っていなくても発生したスワップポイントは課税対象。
  • 受取りタイミングは任意。受け取ったタイミングで課税対象。
  • 決済時点まで、スワップポイントの受取りは不可能。

※受取りタイミングが任意と記載されていても、含み益発生していないとスワップポイントの受取りができない業者もいる。

マネーパートナーズは、スワップポイントの受取りタイミングは任意である。含み益/含み損に影響を受けず、”いつでも”スワップポイントのみの受取りが可能

そして、スワップポイントを受け取ったタイミングで課税対象となる。
課税所得と認識されるタイミングを自分でコントロールできるため、節税のコントロールもしやすくなる。

FX業者とは長い付き合いになるため、運用のしやすさを最優先で決めてしまおう。

2. 取引単位(ロット)が小さい

通常10,000通貨単位で取引するのがFXというもの。
近年では、1,000通貨単位で取引できるFX業者が増えてきた印象である。
中には1通貨単位で取引可能なFX業者も出てきている。

取引単位が小さければ小さいほど、少額の資産で運用が可能となる。
資金管理面でも小回りが効くため、効果的に資産運用ができる。
 

したがって、少額をコツコツ積み上げるなら、間違いなく小さな通貨単位で取引できることが望ましい。

マネーパートナーズは取引単位が1通貨単位ではないが、「1.いつでも、スワップポイントのみの受取りが可能 」で示したメリットのあるFX業者のでは、もっとも取引単位は小さい。

この理由から、おれはマネーパートナーズをおすすめする。

ということで、おれはマネーパートナーズを使って、毎月30,000円~50,000円分(1,500~2500トルコリラずつくらい)を積み上げている。

FX業者選びは、目的に合わせて選ぶのが重要だけど、副業としてのFX(スワップ狙い)という観点では、マネーパートナーズで決まりでしょう。

(参考) 副業の代表例:アフィリエイトの平均月収

ちなみに、副業といえばアフィリエイトみたいな紹介がされているので、参考までにアフィリエイトの平均月収の分布を確認してみた。

アフィリエイト平均月収

※上図では1,000~4,999円稼いでいる人が平均的に分布していると仮説をおいている。
(詳細が気になる人は『アフィリエイトプログラムに関する意識調査』を参照。)

要は「おすすめされたからアフィリエイトを始めよう」と思ったとて、半数はトルコリラ投資に届かず終わるのが実態である。

収益化のスピードや確実性を考えれば、圧倒的にトルコリラ投資を選択すべきであろう。

トルコリラ投資とは

turkey_national_flag

トルコの超高金利と日本の低金利の差を使ったスワップポイントという「利息っぽいもの」を狙った投資のこと。

おれの親世代なんかだと、ゆうちょに預ければ「勝手にお金が増えた」と言うけど、その「勝手にお金が増える」状態をfxを使って実現するのがトルコリラ投資と理解すれば良いと思う。

詳細は、マネパの解説でわかるはず。

そんな感じで、トルコリラ投資の週給1,000円超えた話を共有しとくよ!
もっと知りたいことがあればコメント下さい!

コメント