15年ぶりに無線LANルーター(Wi-Fi)買い替えたから共有しとくよ

この記事は約6分で読めます。

なかなか買う機会がないであろう無線LANルーター(Wi-Fi)ですが、15年ぶりに買い替えてみたら、とてつもない変化が起きたので、共有しておきます。

プロバイダとの回線契約内容はいっさい触っていませんが、定期的に契約更新がかかっていたのは認識しています。

とはいえ、更新内容をとくに確認することもなくお金を払っていました。

こんな状況の人が多いと思うので、ぜひ記事を読んでいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

買替え前の無線LANルーター

WZR-HP-G302H_無線LANインターフェース仕様

バッファローから発売されていたWZR-HP-G302Hという無線ランルーターを使っていました。

発売時期「2010年11月」という骨董品。

基本的に無線利用しかしないです。無線に関する仕様は、上で示したとおり。

ちなみにSpeedTestの結果はこんな感じ。遅い。。笑

スピードテスト(WZR-HP-G302H)
Before

新しいルーターは「Aterm WG2600HP3」

Aterm WG2600HP3_無線LANインターフェース仕様

新しい無線LANルーターはNECのAterm WG2600HP3をチョイスしました。

ちなみに後継機はAterm WG2600HP4メッシュ構成を組めるのが追加ポイント)。

メッシュ構成とは

複数台このルーターを設置すれば、自動で認識しあって、より広範囲にくまなく、安定したネットワークが組めるよというお話。

我が家は狭いので要らない機能でした。

無線に関する仕様は上の画像を参照。

どうやら「IEEE802.11ac」という規格が新しいらしく、爆速の源です。

これが5.0Ghz通信を可能にしてくれるみたい。

併せて、LANケーブルも付属のものから、ちゃんとしたものに変えてみました。

SANWASUPPLY LANケーブル カテゴリ7

LANケーブルは「CAT xx」の数字が大きければ大きいほど、高性能みたいです。

ELECOMのQ&Aサイトでは迷ったら大きい数字を選べと書いてあります。

ELECOM FAQ

ELECOM|製品Q&A

配線レスキュー

配線セスキュー|市販の【Cat7】・【Cat8】ケーブルは規格に準じていない

ELECOMと配線レスキューの言い分から察するに、現状、CAT7製品を選択しておけば、最高のパフォーマンスを発揮できそうです。

ルーターとLANケーブルを変えたうえでのSpeedTest結果は、コチラです。

スピードテスト(Aterm WG2600HP3)

無線LANルーターを変えた結果

無線LANルーターを変えた結果

今回、無線LANルーターとLANケーブルを同時に変えてしまったため、それぞれの効果を確認することはできていません。

しかし、最終的な変化としては「7倍高速」と大きな効果がありました!

つまり、回線としては十分に高速なインターネットを引っ張ってきていたのに、無線LANルーターがその高速な流れをせき止めていたということになります。

こんな事象は、我が家に限らずいろんなおウチで発生していると思うので、これを読んだ方は、ぜひともCheck it out!!

本商品はAterm WG2600HP4ではなく、”Aterm WG2600HM4”です。

HP4からメッシュ構成機能を省いたっぽいスペックになっているので、メッシュ構成不要な方におすすめです。

Googleで「SpeedTest」と検索すれば、確認できますよ!

おまけ:そもそもLANとは?

LANとは

LANとはLocal Area Networkの略で、平たくいうと、

機器と機器を繋げたり、機器とインターネットを繋げたりと、おウチのなかに作るネットワークをLAN

と考えて大きな問題はないです。

「繋げる」という行為を無線通信によって行うことができるようにするのが、無線LANルーターという位置づけです。

LANとかWANとか詳しく知りたい人は、この書籍を激推しします。

以上、15年ぶりに無線LANルーター(Wi-Fi)買い替えたから共有しとくよ!

コメント