【コツコツ投資】揃えておきたい口座やサービスを共有しとくよ

この記事は約8分で読めます。

おれの記事を読んで、「コツコツ投資を始めたい」とか

「元手は少ないけど、資産運用に興味がある」とか
「積立投資デビューしたい」とか

そんな声があると思って、
コツコツ投資を始めるうえで揃えておきたい口座やサービスを共有しとくよ。

ready_image
スポンサーリンク

金融機関系

マネーパートナーズ

おれのブログではたびたび登場する、FXの取引市場を提供してくれる会社「マネーパートナーズ」。
探すかぎり他社では見つからない以下の2点が最大のメリット
コツコツと投資するなら、マストだ!

  • 100通貨単位の売買が可能であること。
  • スワップポイントの受取が好きなタイミングで簡単にできること。

マネーパートナーズに口座に開くと、その中身は以下の2つに分かれているが、コツコツ投資に使うのは「マネーパートナーズFXnano」のほうです。

  • マネーパートナーズFX
  • マネーパートナーズFXnano

マネーパートナーズ口座への入金方法は、通常の”振込”と”クイック入金”が用意されている。

クイック入金の場合は10,000円単位になるが、クイック入金なら振込手数料はかからない。
楽天銀行なら1取引にカウントできるため、ランクアップの手助けになる。

ちなみに

100通貨単位の通貨単位とは:
100ドルや100ユーロ、100ペソなど現地通貨の単位のことです。

楽天証券

楽天証券も最低取引単位の小ささが魅力。
100円という小さな単位で取引が可能な数少ない証券会社である。

「FXに10,000円は今月厳しいけど1,500円くらいなら…」のような月もあるはず。
資産形成というものはいかに、複利を生む資産を1円でも多く作るかがカギである。
このような月には、100円単位で投資できるメリットを最大限活かすことができる。

ちなみに、この100円は現金で用意しても、楽天ポイントで用意しても同じように投資できるのがエッジと考える。

なんと、現金やポイントがなくとも楽天カードを使って投資することもできてしまう
投資した金額は、翌月27日に他のショッピングと合わせて引落とされる。

※クレジットカード会社の遅延損害金は狂気の沙汰だ。信用にもお財布にもダメージを与えないために、無理のない範囲で活用してほしい。

楽天カード

creditcard

言わずとしれた、お得クレジットカードの筆頭が楽天カードだ。
月の利用金額全体に対して1%(100円につき1ポイント)の還元率をもつ。
楽天市場のヘビーユーザーでSPUを活用できるなら、還元率5%〜10%まで簡単に跳ね上がる。

楽天経済圏の外では普通の1%還元カードなため、ほかに高還元カードがあれば楽天カードを使う必要はない。

ただし、コツコツ投資では、楽天ポイントを積極的に投資信託へと流していくことになるため、メインで利用することで効率的・加速度的に資産形成ができる

通常、ポイントというのは「がんばって貯めて、使う」それでおしまいだ。
しかし、楽天経済圏ではポイントを「複利を生む資産(投資信託)」に交換できる
これが楽天経済圏を使う最大のうまみだ。

発行する際は、VISAブランドを選んでほしい。

楽天銀行

  • 楽天証券を組み合わせると高金利(マネーブリッジ)
  • さらに「現金プレゼント」という露骨なサービスがある
    →これを金利と考えれば、多くの人にとって最も利回りの高い銀行口座になる
  • 楽天経済圏とFX口座へのクイック入金を使えば、ランクを上げやすい
  • 楽天カードの引き落とし口座に設定するとSPUがアップする

上記のようなメリットから、楽天銀行の利用をおすすめしたい。

銀行を選ぶ観点はたった2つ。

  1. 無駄な手数料・利息がかからないこと。
  2. 利回りがよいこと。

これらを満たせば、正直なにを使ってもよい。

楽天銀行ランクアップ:「プレミアム」まで手堅くイケる

楽天銀行の会員ランクは「取引の回数」または「預貯金残高」で判断される。
取引回数をカウントするために、検討する価値があるのは以下。
(他は、手数料など余計な金がかかるため、検討する価値なし。)

振込・入金
  • 給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取・・・1件/月
支払い
  • 楽天カードの口座振替(自動引落)・・・1件/月
  • その他の口座振替(自動引落)・・・x件/月(上限なし)
    :クレジットカードの引落しや保険・公共料金の引落しの数だけカウント可。
楽天証券
  • らくらく入金・・・3件/月(上限)
    :楽天証券の入出金画面から操作(10円の入金も可)
  • 自動入金(スイープ)・・・3件/月(上限)
    :楽天証券の投資信託買付画面から操作(100円以上から買付可)
楽天銀行即時入金サービス
  • 楽天銀行即時入金サービス・・・y件/月 (上限なし)
    :マネーパートナーズへのクイック入金が該当。
    仮に「”3万円”入金」を「”1万円×3回”で入金」すれば3取引分をカウント可。

8件は手堅く取引回数を稼ぐことができる。
残りは「その他の口座振替(自動引落)」「楽天銀行即時入金サービス」でどこまで件数を増やすことができるかにかかってくる。

コツコツ投資と楽天銀行のメイン利用をしていれば、 2件くらいは稼ぐことができる。
こうして 「プレミアム」ランクには手堅く到達できると考える。
ちなみに、「プレミアム」ランクの特典は以下のとおり。

特典
無料回数
ATM利用手数料
2回
他行宛振込手数料
2回

ATMや他行宛て振込のヘビーユーザーの方へのご提案

楽天銀行「プレミアム」の特典では足りないよ。

これだけだと、結局、銀行に払う手数料が発生しそうだなぁ。

という人は、追加で以下の組み合わせを使ってみてはいかがだろう。

  • 住信SBIネット銀行×ミライノカードゴールド
    :「★★★」ステージ3
特典
無料回数
ATM利用手数料
7回
他行宛振込手数料
7回
  • 住信SBIネット銀行×ミライノカードゴールド
    :「★★★★」ステージ4
特典
無料回数
ATM利用手数料
15回
他行宛振込手数料
15回
  • 新生銀行×アプラスゴールドカード
    :「新生ゴールド」ランク
特典
無料回数
ATM利用手数料
上限なし
他行宛振込手数料
5回
  • 新生銀行×ラグジュアリーカード
    :「新生プラチナ」ランク
特典
無料回数
ATM利用手数料
上限なし
他行宛振込手数料
10回

要するに、銀行選びの答えは、以下3つの中から2つ選べば良いと考える。

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 新生銀行

ネット銀行以外の大手銀行(実店舗型)も持っておかないと不安という方は、ゆうちょ銀行を追加すればよい。
これで人生事足りる。

おれは実店舗向けに「新生銀行」を置いている。
したがって、楽天銀行・住信SBIネット銀行・新生銀行のすべてを持っている。笑

ポイントサイト系

モッピー

ポイントサイト業界ではかなりのトップ企業。
おれは企業への安心感から、ほぼモッピーしか使っていない。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

どうせ上記のとおり金融機関を用意するなら、モッピーを経由するのがおすすめだ。
モッピーを経由するだけで、手軽に投資資金の元手を分厚くできる。

ポイントサイトというのは、だいたいの場合、ド派手稼ぐものではない。
ただ、なにかアクションするときに「活かせそうな案件がないかな?」と探す習慣を持ってほしい。

生活のあらゆるアクションをポイントサイト経由で起こす習慣ができれば、着実にポイント分豊かな人生を送ることができる。
ちなみに、本記事「金融機関系」で紹介した案件はすべてモッピーに案件がある状態だ。

キャンペーン状況や、各社のお財布事情によってポイントのバラまきっぷりは変化するが、お得だと思ったタイミングでぜひ試してみてほしい。

※マネーパートナーズはFXnanoの場合、モッピーポイント獲得条件を満たせないので注意です。
 なので、ダイレクトに申込みしてOKだと思います。

日常でモッピーを活かせそうなシーン

Amazon以外のショッピング(とくに楽天市場)

楽天市場を利用するときは是非使って欲しい。

  • 楽天:楽天市場アプリ経由の買い物で+0.5%
  • モッピー:モッピー経由の買い物で+1.0%

と、楽天本家よりもモッピーは大盤振る舞いである。
「楽天ふるさと納税」をする際も納税額の1%のポイントが返ってくる
ちょっとひと手間かけるだけで、日常でも資産形成の機会が生まれるのだ。

楽天市場のほかにも、「Yahoo!ショッピング」・「ビックカメラ.com」等の利用でもポイント還元の対象となるため、活用してほしい。

旅行系

モッピーでは、代表的な旅行サービスはひととおり網羅している。
旅行は、ある程度まとまって金額が出ていくため、ぜひとも経由してほしい。
例)

  • Booking.com
  • Hotels.com
  • Expedia
  • じゃらん
  • エアトリ
  • Surpr!ce

そして、モッピーで貯めたポイントは現金に交換して、コツコツ投資の原資にまわし、「複利の旅」へ行ってもらう。

以上、コツコツ投資を始めるにあたって揃えておきたい口座やサービスを共有しとくよ。
わからないことがあれば、コメントください。

コメント