【年間100万使う人に教えたい】エポスカードは2.6%還元の超優秀カードであることを共有しとくよ

この記事は約5分で読めます。

720万人のカード会員を抱えるエポスカードですが、そのうちどのくらいの人がエポスカードを高還元率カードとして認識しているのでしょう。(※2020年3月期 丸井グループ決算短信

家の近くに○I○Iは無いな!

昔に作ったきりで、家で眠ってるわ

前は使ってたけど、最近はお店にも行かないし~

どうせ0.5%還元でしょ?メインでは使わないよ!

と、あまり活用できていないアナタは損してるかも?

家族がいるなら、なおさら使うべきカードですので、この記事でしっかり勉強してください。

さっそく見ていきましょう!

この記事を読むべき人
  • 還元率至上主義
  • コンビニとAmazon利用が多い
  • 年会費無料ゴールドカードを探している
  • エポスカードを作ったけど、使い道がない人
  • 年間のクレジットカード利用金額が100万円くらい

スポンサーリンク

用意するもの

用意するもの
  • エポスゴールドカード
  • Felica対応スマートフォン

です。

エポスゴールドカードを手に入れたあとは簡単な設定を済ませていきます。
(※ゴールドカードを手に入れる手順は後述します!)

ポイントアップショップを登録する

ポイントアップショップを登録する

エポスゴールドカードの特典の1つに「選べるポイントアップショップ」というものがあります。

事前に登録した支払先(3か所まで)における決済はすべてポイントが3倍になる、つまり1.5%還元になる。

そんな機能です。

ここでは「モバイルスイカ」を選択しましょう。他はご利用状況に合わせて選択してください。

Apple PayまたはGoogle PayでSuicaを使えるようにする

Apple PayまたはGoogle PayでSuicaを使えるようにする

Apple PayまたはGoogle PayでモバイルSuicaを利用できるようにしましょう。

モバイルSuicaへのチャージカードをエポスゴールドカードに設定します。

これで、モバイルSuicaチャージをするごとに1.5%還元になりました。

ファミリーゴールドを発行する

ファミリーゴールドを発行する

エポスゴールドカードの特典としてファミリーゴールドという特典があります。

ぜひ、あなたのご家族にファミリーゴールドを発行してください。

奥様でも良いですし、親御さんでも構いません。

旅行保険が手厚いカードなので、保有してもらうだけでもOK!

ファミリーゴールドを家族に発行しているゴールドカード会員は、100万円利用時にファミリーボーナスポイントが発生し、追加で1,000ポイントをゲットできます。

実際の活用方法

ポイントアップショップの対象店で100万円決済を目指しましょう!

モバイルSuicaがあれば、だいたいの買い物はできてしまうと思います。

還元率の検証

還元率の検証

100万円をポイントアップショップだけで使ったとき

この場合、26,000 エポスポイントが還元されます。

26,000エポスポイントをエポスプリペイドカード残高に交換したうえで、26,000円を利用するとさらに130円分のエポスポイント(26,000円×0.5%)が付きます。

還元率の検証:100万円をポイントアップショップだけで使ったとき
還元率の検証:100万円をポイントアップショップだけで使ったとき

還元率のまとめ

100万円の利用を前提としますが、エポスカードを利用した還元率は2.613%となります。

マイルに交換すると「再利用による還元ポイント」が発生しませんが、ANAマイルは1,000ポイントを600マイルに、JALマイルは1,000ポイントを500マイルに交換できます。

よって、

  • ANAマイル換算:1.56%還元
  • JALマイル換算:1.30%還元

となり、航空系カードに引けを取らないクレジットカードになります。

エポス(ゴールド)カードを持っていない人は要確認

ここまで記事を読んで、エポスカードを作る気になったら、なにをすべきか。

結論から言います。

エポスゴールドカードに直接申し込みましょう。

年会費が5,000円発生してしまいますが、年間50万円利用すると翌年度以降はずっと年会費無料です。

この記事を読んでいるアナタは、年間100万円の決済があると思いますので、年会費負担は初年度だけです。

  • 審査の通過に自信がない
  • どうしてもモッピーのようなポイントサイトを経由したい

といった方は、通常カードから申し込んで、申込から1年以内にゴールドへの切替申請をしましょう。

エポスにおける一般カードからゴールドカードへの戦略的切替

エポスカードの一般カードを利用していて、以下の条件を満たす人にはゴールドカードへのインビテーションが届くという噂があります。

インビテーション条件
  • カード利用開始から6か月以上が経過している
  • 年間のカード利用額が50万円を超えている

つまり、1年でゴールドカードインビテーションを目指す場合「6か月以内に50万円以上を決済する」ということが求められます。

7か月目~8か月目までにインビテーションがきているか確認して、届いていなければ有償でゴールドへのアップグレードを申請してください。

カード利用額の集計期間(1年)以内に50万円以上決済したうえで切替えが完了すれば、翌年度以降のゴールドカード年会費は無料となります。

エポスにおける一般カードからゴールドカードへの戦略的切替

ポイントアップショップが使えるゴールドカード(1.5%還元)と特別なことはなにもない一般カード(0.5%還元)の間には、1.0%の差が・・・

つまり、年会費ゼロ&インビテーションにこだわって、一般カードで50万円決済をすると5,000ポイント分の差が生まれるわけですね。

これは、初年度年会費と同じ金額なので、やはりゴールドカードに直接申し込むのが良いと思います。

モッピーではたまに、エポスカード発行で7,000円以上の還元をしているので、そういった場合は一般カード申込も許容できます。

まとめ

【年間100万使う人に教えたい】エポスカードは2.6%還元の超優秀カードであることを共有しとくよ

エポスカード持っている人も持っていなかった人も、この記事を読んで、少しでも多くの経済的豊かさを手に入れてくれると嬉しいです!

夫婦でポイントアップショップを分散させれば、ポイントアップショップを最大6か所登録できます。旦那さま100万円、奥さま100万円を達成すれば、それぞれで100万円利用ボーナスが発生したうえにファミリーボーナスが2,000ポイント分つきますよ。

つまり、夫婦で約52,000円の家計費圧縮をすることができますね♪

これで美味しいごはんでも食べてきてください。

以上、【年間100万使う人に教えたい】エポスカードは2.6%還元の超優秀カードであることを共有しとくよ!

コメント