【ミニオークションを開催しよう】車を高値で売る方法を共有しとくよ

この記事は約4分で読めます。

車の売却を検討している、そこのあなた。

良記事にたどり着きましたね!

だいたい5年落ちのヴェゼル(買取相場100~120万円程度)を142万円で売却した経験のあるおれが、高値で車を手放す・売る方法を紹介します。

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

車を高く売るためのポイント

ポイントはシンプルに2つだけです。

  • 買い替え検討を打診する
  • 相見積もりを取る

買い替え検討を打診する

中古車買取業者(中古車販売店)が喜ぶパターンは「買い替えを打診する」です。

あなたが車の買い替えを検討している場合、中古車買取業者は、

  • 中古車販売会社が保有している車の販売による利益
  • あなたから買い取った車の販売による利益(将来的)

の2つの稼ぎを得ることが可能になります。

欲しい中古車があれば、予めその旨を伝えることで、中古車買取業者は少し無理してでも高い金額であなたの車を買い取ってくれます(上図のとおり、儲けのチャンスが2回あるため)。

相見積もりを取る

中古車買取価格の決まり方

各社が買い取った車は、中古車専門のオークション会場に流れていきます。

そこで車の状態や価格を見て、別の会社が買い取っていきます。

中古車オークションの仕組み""

オークションの仕組み|USS

各社が利益を乗っけて、わたしたちが普段眺める中古車情報サイト(カーセンサー等)に掲載されていきます。

つまり中古車買取業者の人たちは、中古車専門のオークション会場で、どのくらいの金額で売買されているのかを目安に、見積や査定金額を出しています。

ちなみに大手の中古車専門オークション会社には、USSという会社があります。

USSホームページ

USSホームページ

この辺のサイトを確認することで、自分の車の中古流通価格を知ることができますよ。

この記事のまとめでも記載しますが、この手のサイトは価格をチェックするためだけに使うのがベターです。

ミニオークションを開催する

ここまで説明した要領で、中古車価格は決まります。

そこで相見積もりです。

世の中には、販売台数や買取台数をノルマに設定される会社・営業マンがいたり、売上や利益をノルマに設定される会社・営業マンがいます。

なので、複数の会社に声をかけると、多少高いお金を払っても買い取ろうとする業者が現れるわけです(流通価格を超えることはほぼありませんが)。

複数業者の相手をするのは手間ですが惜しんではいけません。

あなたの時間も浪費するわけにはいかないので、ミニオークションを開催しましょう。

やり方は簡単。複数の会社を、同じ日の同じ時刻にバッティングさせます

おれ
おれ

おれは、同じ時間枠に7社集めました。笑

オークション当日にやることは2つだけ。

  1. 各社、金額提案のチャンスは1回だけで、それぞれの最高金額を出せるように車体確認タイムとは別に支店や上司との確認タイムを20~30分用意してあげます。
  2. 続々と金額の提示がされるので、最高金額の業者さんには残ってもらい、最高金額ではない業者さんにはお引き取りを願います。

この緊張感が、競争を激化させます。

やっていることは酷ですが、売り手・買い手ともに最高のパフォーマンスや満足感を醸成するためには必要なプロセスだと認識しています。

ミニオークションを開催したことで、相場より20%ほど高額な買取金額を出してもらうことができました。

通常の相見積もり(ミニオークションを開催しない方法)

何社かから見積金額を集めます。(3社以上が良いです)

仮にA社、B社、C社の順に高い金額を見積もったとします。

A社の1番高額な見積を、2番目に高額な見積をしたB社に教えて、相談します。

すると、相談を受けたB社は、1番高額な見積もりを出したA社に負けないよう頑張って、より高額を提示してくれます。

※ここでB社が頑張れなかった場合はC社に相談しますが、B社が頑張った場合はC社と会話する必要はありません。

最後に、B社(C社)が頑張ってくれた金額をA社に突き付けて反応を見てみましょう。

きっと、価格交渉はあなたの思い通りにいくはずです。

まとめ

【ミニオークションを開催しよう】車を高値で売る方法を共有しとくよ

初めて車を売る人、少しでも高額で車を手放したい人に向けて、価格交渉の戦術を明かしてみました。

わからないことがあれば、コメントやDMをお待ちしております。

最近は、業者が参加するオークション会場で、あなたに代わって札入れをしてくれる「オークション代行サービス」なるものが登場しています。

どこの仲介業者も利益を乗っけていないシンプルな本体価格に対して注文を入れることができる点は魅力です。

一方で、車両本体に不備がないかのチェックや書類手続きは自己責任となってしまいます。

中古車売買をオークション代行でやってしまうと自己責任の範囲が大きすぎるので、中古車販売店を利用した方が安心して売買を進められます。

以上、【ミニオークションを開催しよう】車を高値で売る方法を共有しとくよ!

コメント