iPad Pro用COMBO TOUCHの携帯性や使い心地を口コミ的に共有しとくよ

この記事は約14分で読めます。

ブログを更新するときや、マイクロソフトOffice製品を軽く触るとき、パソコンを起動するのは、少し億劫。

Apple純正Smart Keyboard Folioでは少し物足りない。

そんなことを悶々と悩んでいたときに辿り着いたのが、COMBO TOUCH!

今回はCOMBO TOUCHを使った感想のレビュー的な記事にしたので共有しとくよ。

スポンサーリンク

使った感想

メリット

堅牢性UP

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH_保護性能

iPadの四方を保護しており、なおかつ、画面の高さよりも保護ゴム部分の背が高い。

だから落としても、よっぽどのことがない限りはノーダメージを実現できる。

これに関しては、設計者を褒めちぎりたい品質。

Smart Keyboard Folioにはない防御力を誇っているポイント!

なんとなくカッコいい

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH

今日から君が持っているのは、ただのiPadではない。

surfaceにもなりうる逸材。

「PC?いいえ、PC以上です。」こんなやりとりができそう。

そんなガジェット物欲を満たす商品はこれしかない!

デメリット

重い!

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH_重さ

キーボードを外して、保護カバー部分+iPad Pro(11インチ)の重さは約750g。

これを常に持ち歩くのは正直しんどい。

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH_重さ

キーボードをつけると1065gだ。1kg超えを長時間持つのは、だいぶしんどい。

キーピッチが窮屈

エンターキーまわりは窮屈そのもの。

めっちゃ詰め込まれている。

左側から快適に並べていったら、最後のほうで足りなくなってしまったのかな?と思うほど。

これだとミスタイプが気になって、爆速で打ち続けることはできませんね。

トラックパッドの必要性が不明確

iPad_トラックパッドの必要性が不明確

こちらの記事によると、あくまで身体的な不自由によってタッチ操作が難しい人のためにマウス対応されたようで、「iPadのMac化」ではないとのこと。

要は健常者にとって、大した使い道はないけど、PCライク感を演出するために搭載されているだけだ。

「これ、必要なんだっけ?」となるのは至って普通の反応のようでした。

奥行きを占領する

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH_奥行き
最低でも23センチほどは必要

surfaceのようなキックスタンド、こいつは見た目がカッコいいものの奥行きのないスペースで作業できないことを意味している。

ちなみにキーボード部分だけでも19センチ。

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH_奥行き
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH_奥行き
本体部分で4センチくらい

下の写真くらい広げるのが、きっと正常な角度。

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH_奥行き
正常な角度で計測

だいたい32センチ!

(参考までに、我が家のテレビのリモコンは24センチである。笑)

開封の儀(読み飛ばしOK)

iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
外装
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
紐を引っ張ると早速出てきました
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
保護カバー部分とキーボード部分
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
保証書と取扱説明書が入っています
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
iPadに取り付けるとこんな感じ(正面)
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
iPadに取り付けるとこんな感じ(側面)
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
質感はファブリック素材
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
キーボード装着したうえで閉じると、次が開けにくい!
iPad Pro 11inch (2018)_COMBO TOUCH
どっちが開くんだっけ?ってなる笑

(参考)Smart Keyboard Folioの重さと奥行き

iPad Pro 11inch (2018)_Smart Keyboard Folio_重さ
Smart Keyboard Folio on iPad
iPad Pro 11inch (2018)_Smart Keyboard Folio_奥行き
18.5センチくらい

COMBO TOUCHの半分くらいの奥行きで十分使えるのがSmart Keyboard Folioの強みだね。

これは打ち心地との天秤だと思う。

とはいえ、常々800g近い重量感は嫌気が差しますね…。

まとめ

COMBO TOUCHは常時装着しておくには、すこし大袈裟な商品かなぁというのがリアルな感想。

スマホと違って、片手持ちすることも少ないため落下リスクは低め。

したがって堅牢性は不要。

PCライクに使ったとて、めちゃくちゃ打ちやすくなるわけでも生産性が爆上がりするわけでもない。

打ち心地はどこにでもあるノートPCのような感じ。

打鍵感は特別悪くないのに、キーボードの右側が窮屈で勿体ない。

Apple純正Smart Keyboard Folioがトラックパッドを付けなかっただけあって、トラックパッドが備わっていても使いどころに困ってしまう。

そんなわけでお蔵入りしてしまいそう。

パターン

iPad Pro

11inch (2018)


Smart Keyboard Folio


COMBO TOUCH
商品重量約500g約296g約565g
iPad Pro装着時の
重量
約796g約749
〜1,065g
堅牢性
必要な奥行き
おれ的
総合評価
手軽に使えることも
タブレットのメリット
なんだかんだ
バランス良い
ハマる人にはハマる
商品詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

たしかにカッコいいし、外付けキーボード等と違って充電不要だし、持ち物もコンパクトにまとまる。

こういう部分に魅力を感じるなら買ってみても良いのでは?

そんな感じ。

以上、iPad Pro用COMBO TOUCHの携帯性や使い心地を口コミ的に共有しとくよ!

コメント